俺のズボンを膨らますエロ漫画はこれだッ!!無料で読めるエロ漫画まとめ

ぼくボキッ!!

Cosplayer Complex

Cosplayer Complex 第1話 神カメコの『推し』になるために…【無料ネタバレ・感想】

2020年2月1日

コスプレレイヤーコンプレックス




今回はだ~じりん。先生の作品「Cosplayer Complex 」の紹介です。

 

有名になるためには手段を選ばない、コスプレイヤー、ラキこと小川千才おがわちとせ

 

趣味で始めたコスプレはいつしか自己顕示欲のための手段になってゆく。

 

歯止めが利かなくなった千才は、名前を売るためなら身体を売ることも厭わない。

 

千才はいったいどこに向かうのか・・・

 

↓無料試し読みはコチラ↓



 

Cosplayer Complex 第1話 神カメコの『推し』になるために…

 

わたしの名は小川千才。

 

地味でどこにでもいるようなごく平凡な大学生。

 

でも、私には裏の顔がある。

 

プライベートでは趣味のコスプレに身を包んだ、コスプレイヤーというもう一つの顔があった。

 

コスネームは、ラキ。

 

最初は好きなアニメキャラになりなくてはじめたコスプレだったが、いつしかそれは有名になるための手段になっていた

 

わたしの心の中には自己顕示欲、自己承認欲求を満たすためなら何だってする覚悟があった

 

そんなある時「じぇるまお」というカメコから声がかかる。

 

じぇるまおはコスプレイヤー達から絶大な支持を得ている神カメコで、「じぇるまお」が撮影した写真がSNSで紹介されたとたんに、そのコスプレイヤーはフォロワー数が爆上がりすると言われている。

 

今回の、じぇるまおからの撮影依頼は、わたしにとっては千載一遇のチャンス、すぐにオファーを快諾した。

 

それから数か月後・・・

 

今やすっかり人気のコスプレイヤーになったわたしは、いつものスタジオでじぇるまおによるフォトセッションを受けていた。

 

じぇ「ラキちゃん、これいつものね」

 

じぇるまおはそう言って、諭吉3枚を渡してきた・・・

 

じぇ「それとね、ラキちゃん、今度さ、顔出しなしで同人AVに出演しない?」

 

じぇ「もちろん、衣装代はすべて僕が用意するし、ラキちゃんならスタイルもいいしすぐに売れると思うんだけど・・・」

 

結局、売り上げの8割をもらう約束でAV撮影を引き受けた

 

(キモいじぇるまおが竿役と聞いた時は、正直吐きそうになったけど、これも有名になるため・・・ホントは金にも興味ない・・・)

 

そしてその日のフォトセッションが終了した。

 

わたし「今日時間があまりないので早く終わらせたいので・・・」

 

わたしの前にじぇるまおがひざまずく。

 

じぇ「頂きまーす♩」

 

じぇるまおは、私のスカートの中に顏をいれるとパンティ―に鼻を押し付けてクンクンと匂いを嗅いでいる・・・

 

わたしの汗とおしっこの匂いを愉しんだ後は、パンティーを降ろして、わたしのオマ〇コ に顔をうずめた

 

美味しそうにわたしの蜜壺の味を愉しんでいる

 

もうこれで何度めだろう・・・

 

こうやってじぇるまおに身体を許すことで、わたしは今やすっかり人気のコスプレイヤーになった。

 

じぇるまおは、コスプレイヤーの身体と引き換えに、たくさんのレイヤーを人気者に推しあげたにちがいない。

 

正直気持ち悪いけど、名声も手に入るし、お金ももらえるし今は、やめる気もない。

 

けど、もっと有名になったら、この男とはおしまい。

 

「じゃあ、ラキちゃん、次回はAVの撮影ね」

 

そしてその後も、ある時はスタジオで、ある時はホテルで、じぇるまおの玩具になって身体中を弄ばれる日々が・・・

 

↓今すぐ続きを読む↓



 

Cosplayer Complex 第1話 神カメコの『推し』になるために…読んでみた感想

 

この作品のタイトルは、少し前から広告なんかで見てたんですが、なぜかスルーしていました。

 

タイトルが横文字というのもありますが、なんとなく触手がのびなかったんです。

 

しかし、それは管理人の偏見でした。

 

この手のストーリーはあまり読んだことないのですが、ハッキリ言って相当面白いです

 

エロ漫画の評価が面白いってどうなの?って感じですが、ストーリー性がいいんです。

 

もちろんこれから回が進むにつれてもっともっとエロくなっていくのですが、1話に関して言えば、なんかもう映画の世界なんですよ。

 

エロ漫画というよりは。

 

どっちかというとダークで暗いストーリーなんですが。

 

どこにでもいるような目立たなく、おとなしい学生の千才。

 

自分を表現することが苦手で、いつも自分の殻に隠れているような少女時代を過ごしていた。

 

そんな地味な女の子が、大好きなアニメにハマって、延長で始めたコスプレ。

 

コスチュームを身にまとうことで、もう一つの自分に気づいてゆく。

 

人に見られることで、今まで隠れていた、自己顕示欲に目覚め、もっと人に見られたい、もっと人から褒められたい、どんどん強くなってゆく自己承認欲求を抑えることが出来なくなって、やがてそのためにならなんだってするように。

 

そうやって身体を売ることも厭わなくなってゆく。

 

自分より可愛くないレイヤーが自分より人気があることが許せない、自分よりフォロワーが多いことが腹立たしい。

 

自分の中に潜む、こころの闇に向かって突き進む千才は破滅に向かって突き進むのか・・・

 

ここまで夢中になって感想をかいてましたが、これ、ハッキリ言ってエロ漫画の感想じゃないですよね(;'∀')

 

でも、それくらいこの1話はインパクトありました。

 

でも、心配しないでくださいね。次回以降はどんどん過激なエロ描写が増えてきますからw

 

媚薬を身体中に塗られて〇〇。。。って感じでエロさ加減っぱねぇっ!!ってなりますから。。。w

 

いやぁーそれにしても、また違う意味でも大好きな作品になりました。

 

最後に付け加えておきますが、管理人は、アニオタじゃないし、ハッキリ言ってコスプレイヤーとかカメコって言葉も知りませんでした。(エロ漫画オタクですけどねw)

 

だから、記事書くにあたって、ググりまくってようやく理解しましたw

 

また新たな知識を手に入れましたw

 

それでは、皆様、オナニー、バイブ―

↓無料試し読みはコチラ↓



-Cosplayer Complex
-, , , ,

Copyright© ぼくボキッ!! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.