淫紋JD ~開運したくて儀式受けたら 御朱淫もらっちゃいました!?~

淫紋JD ~開運したくて儀式受けたら 御朱淫もらっちゃいました!?~ 【無料ネタバレ・エロ漫画】

淫紋JD

今回紹介する作品は「淫紋JD ~開運したくて儀式受けたら 御朱淫もらっちゃいました!?~ 」。

 

作者は家日エリ先生。



主人公の朱音は大学進学で、まだ見ぬカレシとの楽しいキャンパスライフを想像していた。

 

だが、カレシはおろか、なかかなう思うようにいかない日常に疲れ果てていた。

 

そんな時にスマホの掲示板で知った開運の儀式、スマホに映る神社は実家の側にある神社だった。

 

話半分で訪れた神社だったが…

 

 

\まずは無料試し読みからどうぞ/
▲登録不要で23ページが試し読みできる▲

 

試し読みする方法

  1. 動く画像をタッチ
  2. 「無料立ち読み」と書いた青いボタンをタッチ
  3. 「無料試し読み」と書いた青いボタンをタッチ

たったこれだけで23ページ、無料で読めます

 

 

淫紋JD ~開運したくて儀式受けたら 御朱淫もらっちゃいました!?~  無料ネタバレあらすじ

ここから「淫紋JD ~開運したくて儀式受けたら 御朱淫もらっちゃいました!?~ 」 無料ネタバレあらすじをお伝えします。

 

志望大学にめでたく入学した大学生の古森朱音

これから夢のキャンパスライフが待っているとワクワクしていた。

 

しかし現実はそんなに甘いものではなく、

いい出会いもなければカレシも出来ない日々…

それでも同じような境遇の仲間に囲まれて楽しく過ごしていた。

 

しかし、あることがきっかけでわかったのだが、

朱音以外の友達はみんなカレシができていたのだ。

自分だけが何も知らなかったことに傷つく朱音。

 

その上、最近はバイトで失敗して叱られたり、

自転車を盗まれたり、悪いことばかり起きる…

 

そんな朱音の唯一の憂さ晴らしといえば、

毎日のオナニーだった。

 

20歳になっても未だ処女の朱音は、自分の指で慰めるしかなかった・・・

 

ああんっ♡・・・指が膣壁に擦れて♡・・・

 

気持ちいいぃ♡・・・あっあッ♡・・・

 

指じゃなくて・・・太ッい・・・

 

オチ〇ポがほしい♡

 

ああんッ♡・・・イッくっうぅ♡・・・

 

いぐいぐっ♡・・・イッちゃあああッうっ♡

 



のぞいてみる

 

ドンッドンッ

 

!!!

誰かが壁を叩いている!

え!?・・・もしかして・・・

先日廊下で隣人に睨まれたことを思い出した。

 

毎晩の自慰行為を聞かれていたんだ・・・

なんで自分はこんなについていないの・・・

 

朱音はお祓いのことを調べ始めた。

 

そして偶然見つけたスマホの掲示板の書き込みで

姫宮開きの儀」という厄払いの体験談を目にする。

 

そこには、官能小説のような淫靡な儀式の様子が描かれていた。

そして、その場所は幼い頃からよく通っていた

実家の近くの神社だということに気づいた。

 

どうせ誰かの作り話よ・・・

まあ、とにかく久しぶりにお参りにでも行ってみるか…

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

久しぶりに訪ねた神社は懐かしく心が落ち着いた。

 

お参りを終えて帰ろうとした時、

朱音ちゃん、久しぶりだね

 

そこには昔からよく知っている神主さんの姿が

色々話し込んでいるうちにふと「姫宮開きの儀」のことを聞いてみると

 

…受けていくかい?

 

軽い気持ちで訪ねたのに、まさか本当にあったとは…

神主さんの案内で神殿に上がると。

(どうしよ・・・断るなら今のうち・・・)

 

すると神主さんがジッと私を見つめいる。

その目はいつもの神主さんとは別人のようだった・・・

 

明らかに欲情した眼差し

 

緊張していた私はこの後のことをよく覚えていないが

裸にされて子宮の上に秘伝の淫紋を描かれた…

 

そして儀式が始まった。

 

神主の熟練された愛撫に体中に衝撃が走った

 

ああっん♡…な、何、この感覚…

 

私の処女マ〇コはあっというまに神主チ〇ポを受け入れ体制に入った

 

私の処女肉壷は大量の淫液でドロドロに

 

あまりの快感に意識が薄れてゆく…

 

\画像をタッチして続きを読む/
/処女の朱音が淫乱なメスに変貌していく\

 

 

淫紋JD ~開運したくて儀式受けたら 御朱淫もらっちゃいました!?~   感想

「淫紋JD ~開運したくて儀式受けたら 御朱淫もらっちゃいました!?~ 」 読んだ感想です

 

主人公の朱音ちゃん、めっちゃかわいい!!

というのが第一印象。

 

一見清楚な感じの朱音ちゃんが、

毎日オナニーしてるって・・・

 

可哀そうじゃないですか。

こんな可愛い子が自分の指で慰めるしかないって、

どうなってるんですかw

 

朱音ちゃんはオナニーの最中にも言ってますよね。

「太いおちん〇ん…挿入れて欲しいって」

 

そんなに太くはないですが

、管理人のおちん◯んでよければ・・・どーぞw

 

それより朱音ちゃんの隣の部屋に住む人って男なんですかね?

いや、男だったらオナニーの声を聞いて、壁叩くような事しませんよね。

 

管理人が隣人だったら、壁に聴音機つけて聞き耳立てながら、

一緒にイッちゃてますねw

 

こんな美人が住む隣の部屋が羨ましいですよ、ほんと。

もっと羨ましいのが神社の神主さんですよね。

 

だって、あんなに羨ましい仕事ないですよ。

「姫宮開きの儀」という体で、好きなことできるんですからね。

 

可愛い娘の体を開発して、

お金もらえるんですから言うことなしですよ。

 

んん??でも待てよ、若い子や可愛い子ならいいけど・・・

こればっかりはわかりませんもんね~。

 

なかにはおばさん処女とか来るかも知れませんよねw

その場合も、ヤるんでしょうか?

 

淫紋描いて・・・

 

たるんだお腹にw

 

そうか、こういう時は、神主のお父さんが控えているとかw

まあ、想像もこれぐらいにしときますw

 

次回以降は朱音ちゃんの性がどんどん開発されていきますよ。

あんなに可愛いJDが淫乱になっていく姿は超絶エロいですよ!!

 

まずは試し読みからどうぞ!

\無料で23ページ読めるのはブッコミだけ/
▲神主チ〇ポを舐るエロJDは画像をタッチ▲

 

-淫紋JD ~開運したくて儀式受けたら 御朱淫もらっちゃいました!?~
-, , , , , , , ,

テキストのコピーはできません。

© 2020 ぼくボキッ!! Powered by AFFINGER5