今日も僕は幼馴染のギャルにたかられる

今日も僕は幼馴染のギャルにたかられる おバカでエッチな体の幼馴染と・・・【無料ネタバレ・感想】

今日も僕は幼馴染に~

今回紹介する作品はトーテムポール先生の「今日も僕は幼馴染のギャルにたかられる」。

 

隣りに住んでいる幼馴染は優等生の俺と違って、どっからどう見ても頭の悪そうなギャル。

 

そんな正反対の二人だがいつも一緒に行動していた。

 

俺にとったら正直迷惑な存在だったが、あることがきっかけになって俺にとって、かけがえのない存在に・・・

 

今では事あるごとにイイことをしてもらって・・

 

無料試し読みは公式サイトで「今日も僕は幼馴染のギャル」で検索

BookLive!コミック公式サイト

※面倒な登録も不要

 

今日も僕は幼馴染のギャルにたかられる 第1話 「おっぱい見せてあげよっか?」幼馴染に胸を見せてもらった僕は我慢できずに…ネタバレ・あらすじ

 

俺には幼馴染がいる。

まじめに勉強してきた俺と違って、正反対のギャルになってしまった沙代

 

体はすっかり発育したが頭の中は空っぽだ。

 

沙「あのさー正樹知ってる。定礎って会社。日本中に建物持ってる会社なんだけどさぁ、そのうち日本牛耳るんじゃね」

 

俺「・・・」

 

という感じだw

 

そんな沙代はボランティアとかぬかして、俺にいつもついてくる。

 

沙「正樹はボッチだから、私が一緒にいてやらないとな」

 

とか言って、俺がバイトした金をあてにしていつもおごらされている。

 

そんな感じでいつも迷惑する毎日を送っているわけだけど、ヤリたいざかりの思春期の男子としては、沙代のエロくてムチムチな体を見ているとやはり興奮するわけで、

 

時々、沙代の体を想像してオナニーしたりしていた

 

そんなある時、

 

俺はいつものように沙代をオカズにシコっていた。

 

俺「ああっ!きもちいい・・・沙代・・ああっ、なんてエロい体なんだ・・・沙代・・・」

 

沙「え!なぁに?、・・・正樹、私のことそんな目で見てたの?・・・正樹の変態!!」

 

!!!

 

俺「ええっ!!・・・なっ、なんでそこに・・・いるんだよっ!!?

 

沙代は窓から入ってこようとしていた!!

 

俺は下半身むき出しで、まだチ〇ポもギンギンに勃起していた。

 

その一部始終を見られて・・・

 

(俺の人生詰んだ・・・)

 

明日学校中に知れ渡って・・・ああッ・・・悪夢だ・・・

 

沙「ねえ、正輝、・・・オッパイ見せてあげようか・・・」

 

ドキ・・ドキ・・

 

!!!

 

俺「ええっ!!・・・ま、マジッ!?」

 

沙代は自分をおかずにオナニーしていた俺を少し可愛く思ったようで、まんざらでもなさそうだった。

 

沙代はその見た目のイケイケさに似合わず、顔を赤くしながら恥ずかしそうにオッパイを見せてきた・・・

 

おおおっ!!!

 

すげぇっ!!

 

沙「・・・ど、どうだ・・・?か、形とか、へんじゃないか・・・?」

 

俺「さ、紗代・・す、すごくキレイなおっぱいだ・・・」

 

沙「・・・わ、私のオッパイ想像して必死でアソコこすってたんだもんな・・・」

 

沙代は嬉しそうだった・・・

 

調子に乗ったオレは

 

俺「さ、紗代・・・さ、触ってもいいか・・・」

 

沙「・・・だ、誰のんでもいいんだろ?」

 

俺「さ、沙代のが一番触りたい・・・」

 

沙代は顔を真っ赤にしながら、目をつぶって、

 

沙「・・・いいよ・・・正樹がそこまで言うんだったら・・・触っても・・・」

 

俺は初めて触る女子のオッパイに興奮してがっついた・・・

 

俺「何てやわらかいんだっ!手にまとわりついてくるようだっ!!」

 

沙代は感じているようだ

 

・・・はあんっ・・・・はっ・・ああっん・・・

 

俺は両手を使って夢中でオッパイを揉みしだき、たまりかねて吸い付いた・・・

 

ぺろっ・・・

 

沙「うわっ・・・誰が舐めていいっていったんだよ・・・ああっん♪・・・うっふぅんんっっ」

 

れろれろっ・・・ちゅっっうううぅううっ

 

ああああぁぁぁぁっ・・・ん・・・

 

沙「ま、正輝のおちん〇ん・・・こんなに大きくなって・・・」

 

俺「・・・さ、沙代がエッチ・・・な・か、体してるからだよ」

 

沙「オナニーしてるとこ邪魔したし・・・私が・・・・手で・・してあげようか」

 

・・・

 

↓画像を見てみたい方は公式サイトで「今日も僕は幼馴染のギャル」で検索↓

BookLive!コミック公式サイト

 

今日も僕は幼馴染のギャルにたかられる 第1話 「おっぱい見せてあげよっか?」幼馴染に胸を見せてもらった僕は我慢できずに…読んでみた感想

 

幼馴染って男女関係なく、小さい頃からよく一緒に遊んで、それこそ一緒にお風呂に入ったり、何でも平気でしたよね。

 

それがだんだん物心ついて、お互いを異性として意識しだして離れていく。

 

こんなパターンが一番多いんじゃないでしょうか。

 

けど、正樹と沙代の場合はタイプはまったく違っても一緒に行動できるってめっちゃいい関係性でした。

 

沙代があまり正樹を男として意識していなかったのでしょうか?

 

正樹の方は、沙代のことおかずにしていたくらいですからねw

 

沙代って一見軽そうなギャルだけど、実はそう見えて、純真無垢な娘なのかもしれませんね

 

オッパイ見せる時も顔を赤らめて、恥ずかしそうにしていたし。

 

何より天然さがヤバいですよね。

 

定礎って会社が日本を牛耳る時が来るってw

 

定礎って会社が日本中にビルを持っているってw

 

バカすぎて逆に可愛いじゃないですかw

 

ここは頭のいい正樹がフォローしてやればいいカップルの出来上がりって感じでいいんじゃないでしょうかw

 

まだ始まったばかり、これからどんなエロさ加減になるのかこうご期待!!

 

ではでは、またまたお股w  オナニー バイブぅ~('ω')ノ

↓今すぐ読むなら公式サイトで「今日も僕は幼馴染のギャル」で検索↓

BookLive!コミック公式サイト

-今日も僕は幼馴染のギャルにたかられる
-, , , ,

テキストのコピーはできません。

© 2020 ぼくボキッ!! Powered by AFFINGER5